Information

水があるからこそ、人は生きていける
人間はいくら必要な栄養素を摂取していたとしても、水がなければ絶対に生きていけない生き物です。
例え一ヶ月絶食したとしても水があれば生きていられるけれど、水分を一滴も取らなければ一週間も持たないと言われています。
では人は何故、水を飲まなければ生きていけないのでしょうか?
人の体重の半分弱くらいは、体内の水分の重さだといわれています。
そのほとんどは血液や細胞内に位置し、生命活動の維持に重要とされる働きを行っているのです。
例えば、摂取した食物を消化していく際に、酵素がきちんと作用する為の『胃液や腸液』として存在したり。
また一つは、栄養素や体内ホルモンを各臓器に運んでいく為の『血液』として必要だったり。
体温調節や排泄物に関しても、水は『汗』や『尿』という様々なものに変化します。
つまり、水は人が生きていく為の根本的な原動力を担っているのです。